2012年02月02日

ハルの日

FreePetsさん製作のペット問題をとりあげた子供向けのアニメーション

「ハルの日」


文:渡辺眞子 絵:どいかや 音楽:赤井由絵 朗読:坂本美雨 
アニメーション:しんばるしんた


犬は人間の言葉を話せないけど、人間と同じように感情があります。
だけどすごく純粋だから、憎んだり恨んだりはしません。
捨てられ処分に持ち込まれたとしても、
飼い主と離れてしまったことを悲しみ、
知らない場所、冷たい床の上でただただ恐怖に震えるだけ
最後の最期まで、飼い主が迎えに来てくれると信じて待ち続け
命が尽きるその時まで、ずっと飼い主を思っています

ただ、なでられたくて、褒められたくて、遊んでほしくて、飼い主と一緒にいたくて
望んだのはそれだけなのに、、、飼い主が与えたのは「苦しみながらの死」
ガスで殺されるのも苦しいけれど、心はもっと苦しいと思う
ひとりぼっちで淋しくて、怖くて、悲しくて
まだ生きられるのに、もっともっと生きたいのに、
人間の勝手な都合で、命を終わらせなければいけないのです。

もしも犬が言葉を話せたなら、もしも犬の気持ちが届くなら
平気で捨てたり、処分に持ち込むことは出来ないはず。。。
ひどい飼い方だって出来ないはずです。。。
未来を担う子供たちが、犬の気持ちが分かる大人に成長してくれますように

茨城のセンターの様子右 活動ニュースブログよりご覧ください(支援物資募集中です)



ニックネーム みさりん at 21:32| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする