2014年08月29日

凛ちゃんのてんかん発作の原因が分かりました

以前お預かりしていたシーズーの凛ちゃん、ずっと協力病院でお世話していただいてます。
以前、大学病院でのMRI・精密検査の結果、原因不明の「特発性てんかん」と診断されていましたが、今回改めてMRIを撮る機会があり、
結果「くも膜のう胞」という病気であることが分かったそうです。

2014-6-16-a.jpg

くも膜のう胞 とは
頭蓋骨と脳の間にあるくも膜が、生まれつき袋状になっていて髄液が溜まり、のう胞ができる先天性の病気です。シーズーに多いようです。
のう胞が小さい場合、無症状も多いそうですが、のう胞が大きくなって脳を圧迫すると、圧迫された部分に症状が出てくるそうです。

治療法は、降圧利尿薬や抗てんかん薬等で症状を抑えるか
手術の場合は、頭蓋骨に穴を開け、さらにくも膜のう胞に穴を開け中の髄液を出すという方法ですが・・・大きな手術ですし、再手術が必要な場合も多いようです。
凛ちゃんは薬での治療をしており、以前に比べずいぶん発作も減ったそうです。
とりあえず原因が分かって良かったです。

凛ちゃんには、もう1年以上会っていないのですが・・・ずっと気に掛かっています。
凛ちゃんは2歳〜2歳半くらいになったのかな!?
お世話されている協力病院の先生方、近況報告くださる会のスタッフさまのお陰で
その後の状況も知ることが出来、感謝していますm(__)m
きっとこのブログを見ていてくださった方も気になっているだろうと思い
近況報告させていただきました。
6月に会の「活動ニュース」に凛ちゃんの記事もアップされていました。
可愛くトリミングしてもらったようですねるんるん
下下下下下
凛ちゃんの記事

この記事に出てきた「水素水」
くるみちゃんは2〜3週おきに出ていたてんかん発作が止まり
現在まで5か月間止まっているそうです。
他の病気にも効果があるようですので、
難病と闘っているワンコと暮らしている方は、ぜひお試しを!!


ニックネーム みさりん at 16:44| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする