2012年02月15日

保護犬の変化

まどかちゃんをお預かりして、そろそろ4ヵ月になります。
うちに来た頃は、はしゃいで落ち着かなくって「お家、壊さないでね〜あせあせ(飛び散る汗)」って感じでしたが
3カ月を過ぎた頃から、ものすごく落ち着きました黒ハート

0215-a.jpg

保護犬は、保護直後の性格ってあまり当てにならなかったりします。
特殊な環境で極度の緊張状態の中にあるから、、、
大体の子は不安と緊張で怯えてますし、本来の姿を出すことは難しいと思います。

みんな、保護されて預りさんのお家で生活するようになると
大人しかった子がだんだん元気になって、自己主張出来るようになるパターンが多いと思うん
ですが、、、逆パターンもあって、保護時テンション上がり過ぎてて落ち着きなかったのが
次第に精神的に安定して大人しくなる子もいるようです。
保護時も保護後も全然変わらない子もいるみたいですけど(笑)

0215-b.jpg

なので、お預かり時に保護犬のプロフィール書くときって、いつも悩んでしまいます。
書いてから1〜3ヶ月後に全然違う子になっちゃったりするんだもん顔(汗)

1ヵ月くらいで環境に馴染んでくるので「こんな感じなんだろうな〜」とは思うんだけど
最初の1ヵ月は、保護時抱えてた疾患の治療や、不妊手術でバタバタと日が過ぎていくので
本当の性格は出せていないように感じる時も多いです。

3ヶ月くらい様子を見ると、その子の性格とか行動パターンは「こんな感じかな〜」というのが
分かるような気がします。
2〜3カ月で「自分の居場所」の自覚が出てきて、少し自信も付いて
その子らしさが出てくるのかな〜と思います。

わが家では、今まで長くても半年前後のお預かりなので偉そうなこと言えませんが
3カ月以降は劇的に変わることはないように感じます。
だけど里親さんのところに行って環境が変わると、
また違った面もいっぱい出てくるんですけどね。

0215-c.jpg

で・・・前置きがすごく長くなりましたが、そろそろ滞在4ヵ月になるまどかちゃん
現在「落ち着いている」ってことは、これが本来の性格なんだと思います。

当初、暴れたり壊したりキャンキャン要求吠えしたり落ち着きがなかったのは「若さのせい」
と思ってたんだけど、、、もともと気の小さいところがあるので
ストレスからくる「不安行動」だったのかなーと今になって思います。

もちろん若くて元気な子なので、今もテンション上がってはしゃいだり飛び回ったりしますが
一日の大半は、室内で大人しくのんびり優雅に過ごしてますヨるんるん

まだ1歳くらいなのに、今年7歳になるももさんより 断然!落ち着いてる

0215-e.jpg

人の言うことも良く聞いてるし(お外ではテンションあがっちゃってまだまだダメですけどね〜)
自分の要求もそれとなく伝えるのが上手だし、コミュニケーションの取りやすい子だと
思います。それに性格面でも「強い」部分がないので、扱いやすいです。
これから月日を経ていくごとに、もっと良い子になっていくんだろうな〜と感じます。

0215-d.jpg

いやいや、ここまで落ち着いてくれて預り人ひじょーにラクしてまするんるん
当初の様子から、さらにパワーアップしたらどうしよう・・・と内心ドキドキでした(笑)
まだまだ『優良犬』になるには課題もあるけど(たびたび他犬・猫に吠えちゃうのとかね)
お家で一緒に過ごす「家族の一員」としては合格点!!だと思いますヨわーい(嬉しい顔)

ニックネーム みさりん at 20:17| Comment(0) | まどか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント